report-of-schema-by-figma-2022
公開日: 2022.11.04  | 更新日: 2022.11.04

Schema by Figma 2022の登壇の振り返り

今回は11/2(水)の「Schema by Figma 2022」に登壇したときのことについて、個人的な出来事を淡々と記録しておいて後で思い出すための備忘録です。

なお、登壇時の発表内容については、後日別の場所で公開を予定していますので、この記事はそういったご期待にお応えすることはできませんのであしからず。


概要・タイムライン

イベント公式ページ:https://schema.figma.com/tokyo

Schema by Figma 2022で登壇します

今回は「Schema by Figma 2022」というイベントで、当サイトを運営している@wentz_designが登壇させていただくことになりましたので、その告知です。 ... 続きを読む

Schema by Figma 2022

所感

  • 今回は本職での登壇者として参加した。ちなみにこうしたイベントの登壇自体が初。

  • デザインシステムがテーマということで、社内で準備やレビューを手伝ってもらうことでなんとかやりきった。

  • 事前に登壇者とコミュニケーションする機会もあり、登壇を通じてお互いの組織での苦労や工夫を共有し合うことで非常に勇気づけられた。

  • Figmaやデザインシステムに関心がある多くの人に聞いてもらうことができ、懇親会で質問をいただいたり感想を直接伺うことができた。当ブログを認識されている方ともお話しできてよかった。

良かったこと

  • 登壇を通じて本職の取り組みの認知を広げる絶好の機会となったこと。

  • 登壇資料の準備は1ヶ月ほど期間があり、社内で多くの方にレビューに協力いただき、毎週事前の打ち合わせでイベント運営の方が直接資料のレビューをしてくださったので、本番は万全の準備で臨むことができたこと。

  • Twitterのハッシュタグを通じて、登壇内容にレスポンスを返してくれた方と間接的にコミュニケーションできたこと。

  • 登壇直前の緊張には、「4秒かけて息を吸い込み、7秒間息をとめ、8秒かけて息を吐く」という呼吸をしたところ非常に効果があり、鼓動の落ち着きを取り戻すことができた。

    • 「4-7-8呼吸法」などと呼ばれる手法で、副交感神経を高めてリラックス効果を得られやすいとのこと。就寝前に行うと熟睡しやすいらしい。

  • Figmaからswagがもらえたこと。

悪かったこと

  • 発表のスライド画面が上の画面に表示されており、前の方の席の人は少し見づらそうだった。

  • 少し機材や伝達のトラブルがあり、一部の登壇者の発表が遮られてしまった。(いやしかし、カバー力すごかったよな…)

  • 発表の合間の休憩でほとんど休憩できなかった。ちょうど登壇の直前で準備があったり、登壇後の片付けなどをしていてロビーの方に行く時間がなかった。缶バッジをもらい損ねてしまった。

  • 資料に誤って「Confidencial」を表記したまま発表してしまい、混乱を招いてしまった。

  • 物理名刺を切らしてしまい、ネットワーキングで名刺アプリのQRコードを読み込んでもらうという荒技を使った。

その他

開催中に投稿したツイートの抜粋です。

最新の記事はこちら
広告
この記事を書いた人
うえんつ

うえんつ

Twitter
SaaS・アプリ開発などWEB領域での課題解決が得意なデザイナーで、このブログのオーナーです。
今の関心事
Figma・UI/UX・空間設計・QOL・料理
広告