figjam-how-to-use-section
公開日: 2022.04.08  | 更新日: 2022.08.06

FigJamで付箋やオブジェクトをまとめる「Section」の使い方

今回はFigJamで付箋など様々なオブジェクトをグルーピングできる「Section」機能の使い方を紹介します。miroで言うところの「Frame」と同じような使い方ができ、グループしなくてもまとまりで扱いやすくなります。

この記事のターゲット

  • FigJamでSectionの使い方が知りたい方

  • FigJamでグルーピングする方法が知りたい方

  • FigmaでSectionを使いたい方


Sectionを使う

ツールからSection(Shift + S)を選択してグルーピングしたい付箋をドラッグで囲むだけです。

Sectionで囲んだ要素は、Sectionを移動すると一緒にくっついて移動されます。Sectionの中の要素を出し入れしたり、一部の要素だけ複数選択することもできます。

Sectionの左上のラベルをクリックすればテキストを編集できます。

section1

Sectionの色を変える

セクションを選択すると黒い編集バーが表示されるので、一番左の色付きの丸をクリックするとカラーパレットから好きな色を選択してください。

section2

Sectionを非表示にする

セクションを選択すると黒い編集バーが表示されるので、一番右側の 👁 のアイコンをクリックすると、表示・非表示を切り替えることができます。

非表示にすると、Section内の要素は全て伏せられるので、ワークショップで模範解答を隠しておきたい場合や少しずつコンテンツを小出しにしたい時などに役立ちます。

section3

FigmaでSectionを使う方法

2022年8月現在、SectionはFigJam内で呼び出せるオブジェクトですが、FigJamファイル内で呼び出したものを「Ctrl + C」などでコピーして、Figmaファイル内で「Ctrl + V」などでペーストすると持ってくることができます。


この記事を読んだ方におすすめの記事

FigJamの初心者におすすめのTipsまとめ

今回はFigJamの基本的な機能や便利な使い方を目的別に紹介します。FigJamの基本機能でできることから無料のプラグインを使用する方法など、当サイトでも人気の解説記事をまとめましたので、参考にしてみてください。 ... 続きを読む

figjam-beginners-tips

FigJamで箇条書きのテキストから複数の付箋に書き出す方法

今回はFigJamで付箋を効率的に作成するプラグイン「Create Sticky From Text」の紹介です。グループワークやディスカッションでテキストエディタなどで溜めた箇条書きのテキストを一括で付箋に書き出すことができるので、事前準備や作業効率化に役立ちます。 ... 続きを読む

figjam-create-sticky-from-text-plugin

FigJamの機能と使い方の解説(動画付き)

今回は、Figmaでオンライン会議で付箋を使ったブレストをしたり、フローチャートを作成して、開発のシステムやモデル設計を、オンラインで複数名でリアルタイムに実施できる新機能「FigJam」の紹介です。 ... 続きを読む

2021-figjam-release

最新の記事はこちら
広告
この記事を書いた人
うえんつ

うえんつ

Twitter
SaaS・アプリ開発などWEB領域での課題解決が得意なデザイナーで、このブログのオーナーです。
今の関心事
Figma・UI/UX・空間設計・QOL・料理
広告