figma-how-to-save-local-file
公開日: 2022.09.09  | 更新日: 2022.09.09

Figma・FigJamのファイルをローカルに保存する方法

今回はFigma・FigJamで作成したファイルをローカルデータとしてPCに書き出し・保存する方法を紹介します。バックアップとして保持したい場合や、有償でファイルを提供したい場合などに役立ちます。

Figma・FigJamはオンラインツールなので、基本的にはファイルごとの公開設定でURLを共有したい相手に伝えるか、チームなどにアカウント招待することで公開可能です。

基本的にオフラインでデータを保持したい場合や、デザインデータを有償で提供したい場合などに取る手段となります。ファイル内のコメントや履歴情報はバックアップされませんので注意してください。

この記事のターゲット

  • FigmaやFigJamのデータをオフラインで共有できるファイル形式で保存したい方

  • FigmaやFigJamのデザインデータのバックアップを取りたい方


Figmaのファイルをローカルに書き出す方法

以下の記事を参考にしてください。

Figmaファイルをローカルに書き出し・保存する方法

Figmaのファイルをローカルファイルとして書き出し・保存する方法を紹介します。保存したFigmaファイル(.fig)はFigmaにインポートできます。 また、ローカルのsketchファイル(.sketch)も同じ方法で取り込みが可能です。 ... 続きを読む

figma-how-to-save-local-file

FigJamのファイルをローカルに書き出す方法

基本的にはFigmaと同様の手順です。

  1. 左上のFigmaアイコンのメニューから「ファイル」を選択

  2. ファイルメニューの「ローカルコピーの保存...」を選択

  3. 保存先ダイアログでファイル名を指定し「保存」をクリック

figjam-save-file

これで、指定したPCの場所に「{指定したファイル名}.jam」という拡張子のファイルが保存されます。

このjamファイルも基本的にFigma上でのみ読み込み可能です。

ローカルに保存されたFigma・FigJamファイルを読み込む方法

Figmaのファイル一覧画面で、保存されているローカルデータをドラッグ&ドロップすることで読み込みが開始され、新規ファイルとして作成されます。

以下は、デスクトップ上のファイルをFigmaの「下書き」画面にドラッグ&ドロップしている様子になります。

figma-import-file

読み込みが完了すると、ファイルとして開くことができます。


この記事を読んだ方におすすめの記事

Figma初心者が使い方に困った時に試してほしいTips

今回は、納品されたり引き継いだFigmaのデザインデータを、修正・変更して再利用しようとした時によく発生するトラブルと、その対応方法をいくつか紹介したいと思います。 ... 続きを読む

figma-beginners-tips

FigmaとFigJamを日本語に言語設定する方法

今回はFigma・FigJamで言語設定を英語から日本語に変更する方法を紹介します。2022年7月のアップデートで言語設定は英語と日本語に対応しています。2022年7月現在は表記ゆれが多く日本語翻訳が完璧とはいえないですが、英語表記に抵抗がある方におすすめです。 ... 続きを読む

figma-figjam-how-to-setting-language-japanese

Figmaでおすすめの写真・画像加工のTipsまとめ

今回はFigmaで写真や画像を加工するときにおすすめの方法を目的別に紹介します。Figmaの基本機能でできることから無料のプラグインを使用する方法など、当サイトでも人気の解説記事をまとめましたので、参考にしてみてください。 ... 続きを読む

figma-plugins-for-image-processing

最新の記事はこちら
広告
この記事を書いた人
うえんつ

うえんつ

Twitter
SaaS・アプリ開発などWEB領域での課題解決が得意なデザイナーで、このブログのオーナーです。
今の関心事
Figma・UI/UX・空間設計・QOL・料理
広告