figma-pixels-plugin
公開日: 2021.10.08  | 更新日: 2021.10.08

Figmaで画像をドット絵のようなモザイクに変換する方法

今回は画像をモザイク化し、ピクセルドットを個別に分解したベクターデータに変換できるプラグイン「Pixels」を紹介します。画像を8bitドットアート風に変換したり、プライバシーに配慮したような画像を作成でき、どんな画像でも簡単にモザイク加工できるので、ぜひ試してみてください。

この記事のターゲット

  • Figmaの初心者

  • Figmaでモザイク加工する方法が作りたい方

  • Figmaで8bit風ドットアートを作成したい方


1. 「Pixels」をインストールする

install-pixels-figma

Figma Community の「Pixels」のページからインストールします。

プラグインに関する説明と詳しいインストール方法はこちらの記事を参考にしてください。

Figmaのプラグインのインストール方法と使い方

今回はFigmaでプラグインをインストールする方法と使い方を解説します。あわせて、当サイトで紹介している便利なプラグインと使い方を解説したプラグイン集もまとめていますので、参考にしてみてください。 ... 続きを読む

figma-how-to-use-plugins

2. 好きな画像を指定した粒度のモザイクにする

モザイク化したい画像をFigmaファイルに用意します。

今回は、Unsplashプラグインを使ってネコさんの画像を用意しました。

pixels1

画像を用意したら、プラグインを起動してモザイク化します。手順は以下の通りです。

  1. 右クリックメニューの「Plugin」から「Pixels」を選択しクリックするとポップアップが表示される

  2. モザイク化したい画像を選択した状態で、ポップアップの黒いバーの中にある青いツマミをドラッグしてモザイクの荒さを設定する

  3. 「Apply」をクリックする

以上のシンプルなステップでモザイクが簡単に適用できます。

pixels2

選択時の画像の大きさに対して指定したサイズでモザイク化されます。

モザイクの荒さは、2〜80pxの大きさまで対応しています。

pixels3

モザイク化した画像をベクターに変換することもできます。

モザイク化をした状態で「Vectorize」をクリックすると、元画像の右側にベクター化されたモザイクオブジェクトが生成されます。

pixels4

ドットアート風になったネコさんもかわいいですね。

画像の色がそのまま適用されるので、色を変更してからベクター化しても良いですし、ベクター化した後で別のエフェクトをかけても良いと思います。色々試してみてください。


いかがだったでしょうか?

モザイク化はシンプルですが、使い方次第ではさまざまなアート作品を作ったり、8bit風ゲームUIの素材作りにも活用できそうです。

この記事を読んだ方におすすめの記事

Figmaでオブジェクトや画像にぼかしを入れる方法

今回は、Figmaでオブジェクトや画像をぼかす「Layer blur」機能を使って、グラフィック作成に活用できる便利なテクニックをいくつかご紹介します。プラグインと組み合わせると、Photoshopを使ったような高度なグラフィックも制作できますので、覚えておいて損はないです。 ... 続きを読む

figma-how-to-use-blur-effect

Figmaで画像の色をセピアや単色のモノクロに変換する方法

今回は、SNSやブログなどで使用するバナー画像にすぐ使える、モノクロ画像をFigmaで簡単に作成する方法をまとめました。 ... 続きを読む

figma-brend-mode-luminosity

UIデザインの作業を加速するFigmaプラグイン10選

今回は、WebサービスやアプリのUI/UXのデザインFigmaを利用する中で、冗長な作業を効率化する上で特に便利だったプラグインを厳選して紹介したいと思います。プラグインの使い方が知りたい方は、プラグインの探し方とインストール方法も紹介していますので、参考にしてください。 ... 続きを読む

favorite figma plugins

最新の記事はこちら
広告
この記事を書いた人
うえんつ

うえんつ

Twitter
SaaS・アプリ開発などWEB領域での課題解決が得意なデザイナーで、このブログのオーナーです。
今の関心事
Figma・UI/UX・空間設計・QOL・料理
広告