figma-set-small-and-big-nudge-values
公開日: 2022.07.08  | 更新日: 2022.07.08

FigmaのPaddingやカーソル移動のデフォルト値を設定する方法

今回はFigmaでオブジェクトをカーソル移動するときや、Auto layout使用時にPaddingに設定される値(10px)などの初期値を変更する方法を紹介します。デザインシステムなどを利用していて4や8の倍数を基準にしたい場合などにおすすめです。

この記事のターゲット

  • Figmaのカーソル移動の初期値を変えたい方

  • Auto layoutのPaddingの初期値を変えたい方


「Nudge amount」のデフォルト値を変更する

カーソル移動やAuto layoutのPaddingに適用される初期値は「Nudge amount」で設定された値が参照されます。設定の変更方法は以下の通りです。

  1. ツールバーの一番左のFigmaアイコンをクリック

  2. メニューの「Preference」から「Nudge amount...」を選択する

  3. Nudge amountのダイアログで値を設定する

    • Small nudge:初期値は「1」。カーソルキーでオブジェクトを移動させる際の基準値など(この場合の単位はpixel)

    • Big nudge:初期値は「10」。Shiftキー+カーソルキーでオブジェクトを移動させる際の基準値、単体のオブジェクトをAuto layoutした際のPaddingの基準値など(この場合の単位はpixel)

nudge-amount

注意点としては、「Big nudge」の値を変更した場合、カーソル移動やAuto layoutのpaddingなどでどちらも8pxになってしまうため、どちらか一方だけ変えるということができません。そのほかに参照している部分があると思いますが、それも同様です。

Nudge amountを変更した場合のAuto layoutへの影響

Auto layoutにNudge amountの影響があるのは、主に単体のオブジェクトにAuto layoutを適用した場合になります。

利用ケースとしては、テキストオブジェクトをAuto layoutで括り、Paddingを適用してボタン・コンポーネントを作る場合などですね。

標準ではPaddingの値は「10(pixel)」となっていますが、この値がNudge amountの「Big nudge」の値が参照されています。

複数のオブジェクトをAuto layoutでspadingなどで整列する場合はPaddingは「0」で固定されているためPaddingにNudge amountは適用されないようです。

auto-layout-padding1

Nudge amountの「Big nudge」の値を例えば「8」に変更することで、単体のオブジェクトのAuto layout適用時のPaddingの初期値も「8(pixel)」になります。

デザインシステムなどで余白の基準値を4や8の倍数で計算している場合は4の倍数などに設定しておくと細かい微調整の手間が省けるので便利です。

auto-layout-padding2

Nudge amountを変更した場合のオブジェクトのカーソル移動への影響

オブジェクトを選択してカーソルキーを利用して移動させる場合、移動値はNudge amountの「Small nudge」の値が参照されます。

Small nudgeは初期値が「1」なので、1pxずつ移動させたい場合は基本的に変更する必要はありません。

nudge-amount-small

一方で、Shiftキーを押しながらカーソルキーを利用して移動させる場合の移動値はNudge amountの「Big nudge」の値が参照されます。

こちらは初期値が「10」となっているので、10pxずつ移動するような挙動になります。

nudge-amount-big

デザインシステムなどで8の倍数で移動したいケースが多い場合は8pxにしておくと便利かもしれません。

nudge-amount-small2

この記事を読んだ方におすすめの記事

Figmaでグリッドやガイド(ルーラー)を表示・非表示する方法

今回はFigmaでルーラー(定規)やグリッド(升目)を表示・非表示したり、アウトライン表示などの見た目を切り替える方法を紹介します。ガイドを作成したい場合や、誤ってショートカットキーを押してしまって元に戻したい時などの参考になればと思います。 ... 続きを読む

figma-ruler-and-grid-view-tips

Figmaでシンプルなボタン・コンポーネントを作る方法

今回は、Figmaでシンプルなボタン・コンポーネントを作る方法を紹介します。テキストのシンプルなボタンを、「Component」と「Variants」と「Auto layout」を使って丁寧に作成します。また、自由に使えるサンプルファイルも用意していますので、ご活用ください。 ... 続きを読む

figma-how-to-create-button

Figma初心者が使い方に困った時に試してほしいTips

今回は、納品されたり引き継いだFigmaのデザインデータを、修正・変更して再利用しようとした時によく発生するトラブルと、その対応方法をいくつか紹介したいと思います。 ... 続きを読む

figma-beginners-tips

最新の記事はこちら
広告
この記事を書いた人
うえんつ

うえんつ

Twitter
SaaS・アプリ開発などWEB領域での課題解決が得意なデザイナーで、このブログのオーナーです。
今の関心事
Figma・UI/UX・空間設計・QOL・料理
広告